更新情報

2024.4.20 また書き溜めていた記事を少しずつ公開しています。

今回は区切りを設けました。→ http://mblg.tv/sakayuka/entry/388/
ここ(2023.11)から時系列順に?読んでいただければ。

書きなぐってそのまま尻切れのようになってるものもあるかもしれません。(たぶん電車を降りたタイミングとか)
===================================================
どうもご無沙汰しておりました。鮎川です。

なんとなく、これまで下書きに投げ入れたままだったこの「空白期間」の記事をアップしました。(まだ途中ですが)

===================================================

F6を走り切る

榊は1日仕事の休日、やるべきことをこなした後、何もすることが思いつかなかった僕は、絵の依頼に向き合うことにした。

緊張を誤魔化すように、独り言を言ってみたり、鼻歌を歌いながら、小瓶に水を詰め、絵の具を紙パレに小出しにして、いざ、絵筆を握った。


Command+Zのない世界。

最初こそおっかなびっくり、失敗しないようにと描き進めたけれど、木肌や葉の表現の試行錯誤をしていくうちに、なんとかなると学び、思いつく方法で行ったり来たりしながら進めた。


決して良い出来ではなかった。
画力のなさをまざまざと感じた。
学生時代も「好き」「楽しかった」だけで、わずかでも上手かったことなんてなかった、と今更気付かされた。
しかし、完走したことには満足していた。誇りがあった。


この年で、プロでもなく、進行形の趣味でもないのに、絵の具と筆でF6サイズの絵を描くなんてことあるだろうか。
不思議な経験に、境地に、たまらず笑ってしまった。

おかしい、ってこういうことをいうのかな。



興奮の熱が冷めれば、絵は本当に駄作でしかなかった。
プロのような写実性も芸術性もなければ、子どものようなのびやかさや自由な感性もない。平凡。

(わけあって、後日、上司の目にチラリと入ったら、ラフと思われ、かつ言葉をかなり選んでの評がされたくらいには、ひどい出来)


それでも榊は、いいねと言ってくれた。君はアーティストだね、とまで褒めてくれた。
愛を感じた。

仲間になれる条件

榊はまだSNSでの人間関係に固執している。


結局、向こうの方たち(の目的)というのは
「同じ(しかもかなり高い)温度で群れて盛り上がりたい」人たちなわけで
それに同意・同調できない以上、仲間に入れないのは仕方のないことだと僕は思う。

僕と榊はかなり低温。
なんなら皆さんの熱量に引いてばかり。


推し方色々、楽しみ方色々で、みーんな仲良くできれば理想的だし
それをしてくれないのは冷たいのかもしれないけれど
条件を満たさないのはこちらなのだから、相手を責めるのは違うと僕は思うのだ。


それこそ相手の推し方を尊重すればいいだけのこと。
それがイコール自ら距離を置くという形だっただけ、ではないか。

なぜ勝とうとする。
なぜ愛されよう、愛させようとする。



僕は「そういう(合わない)人」たちには尚更興味がない。

合わないんだったら、合わないなり。
合わせてくれないなら、こちらも合わせる必要はない。と思う。


群れの中での虚しさよりも
孤り当然の寂しさを取る。


でも榊はまだウジウジと内心糾弾している模様。
正しさを叫んでも疲れるだけだろうに。
そんなことしてる時間や労力が勿体無い。


生い立ちのせいで嫌われ続けてきた人生だったから
好かれたい
嫌われたくない
そこに関してかなり過敏なのはわかるけれど
(僕だっていじめられ、嫌われ続きの人生だった)

逆に、だからこそ、とっとと見限ればいいのに、と思う。
何にそんなに拘るのか。
何がそんなに引っかかるのか。

そんな人たちに媚びを売るのは違うし
(好かれたい一心で"頑張る"のは自由だが)
求めたり、責めるのはもっと違う。


なんだかね、榊の方がやっぱり嫌われるだけの理由がある気がしてきてしまっている。

距離感に迷う

連休前にNさんに返事を書いてみた。

やはり体調もあったのだろう、良くなりつつある今は、心地よく筆が進んだ。

下書きをし、清書しつつ、何度か書き直しもした。しかしそれも想定の範囲内。予定より少なく済んだ。


たくさん話したいような、
距離を保ちたい旨を以前(報告の頃だろうか)言われたこともあった手前、控えめに徹したいような。揺れながら書いた。


榊に見られたくないのもあって、Nさんはあの方法をとったとも考えられる。
当時は当然メールも電話もしあった。しかし、おそらくはあの報告の前後でアドレスの交換・更新はお互いにとめてしまった記憶。

今こそメッセージアプリの出番のような気もする。が、それは完全に思い上がり、のぼせ、のような気もして控えることにし、手紙を封した。

A.Mucha

僕は美術展の会場で涙した。
作品の世界観に圧倒されて。その完成度の高さに圧倒されて。
与えられた題目に対する自分の発想力や技量のなさを身につまされて。悔しくて。つらくて。プレッシャーで。

今回、人生で初めて目の当たりにした、アルフォンス・ミュシャ。
絵画にある程度興味がある人なら、知っているだろう名前。
定かではないが中高生の頃に出合ったように思う。何かの入場特典でポストカードをもらった。図柄はランダムで、僕は黄道十二宮だった。もっと幼き時には、誰からの影響でもなく「星」や「暦」が大好きで、そこから当たり前のように自分の根底に流れている僕にとっては本当に美しすぎる絵であった。
田舎で、インターネットも今ほどではない時代であり境遇であった。だからそのたった一枚のポストカードが僕のすべてだった。それで十分だった。知れば知るほどミュシャ然とでもいうべきフォーマットは、強すぎ、暑苦しく感じられて、そして一辺倒にも見えて、僕は距離をおいていた。 


絵の依頼は依然として煮詰まっていて、あえてしばらく触れていなかった。
面倒くさいので父と母にも経緯と状況だけはカミングアウトしておいた。
とにかく「詰」まっている自覚こそあったけれど、それはあくまで客観的な感じであった。自分のことでありながら、だいぶ手前の段階で距離をおいて、冷めた感覚で見ている、とでもいうような。

「降りたい。逃げ出したい」とか、冒頭のような気持ちや状況の言語化ができたのは、作品と対面したときだった。

ミュシャはリトグラフ。輪郭線や幾何学の組み合わせ、ややフラットに感じられる着色のせいで、ある種、簡単そうに見えるが、この完成度に至るまでには、当たり前すぎる話ではあるが、並大抵ではないセンス(デッサン力はもちろん、発想、構成)が要される。フラット=省略されていても、貧相でない、むしろそれが紛うことなき正とすら思わせる仕上がり、何であるかわかること、装飾模様として図案化され、随所に組み合わせて敷き詰められていること。そして
「あぁ、おそろしい…」
どんなに小さな作品(挿絵)でも、どこまでも精密に描き込まれていること。解像度が高すぎる。
強すぎ、暑苦しいと感じていたのは、圧倒的な技量と世界観そのもので、僕はもう最初から本能レベルで圧倒されていたのだろう。


打開策になるという期待はなく、ただ時間があって、近くで開催されているからと、立ち寄ってみた次第。
結果的に収穫はあった。依頼の難所、極端な縦横比はミュシャの縦長の絵にだいぶ近く、それは頭ではわかってはいたけれど、いざ目のあたりにしてみてようやく励まされた気分だった。
狙ってないときほど得られるものは大きい。といっても、相手が本当にすごすぎるので、本当に全く参考にならない(自分のものとして落とし込みきれない)。”真似”るのがせいぜいだろう。もうそれでもいいだろう。背は腹に変えられない。

何より久々の悔しまじりの感動の涙は清々しかった。
僕はいつもここから始まる。きっとうぬぼれが強すぎるのだろう。
続きを読む
<<prev next>>
カレンダー
<< 2024年05月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31